駆除を行う前の注意

夜行性のため普段目にする機会は少ないですが、多くのコウモリが日本に生息しています。そうした数多いるコウモリの中には、街中にも生息する種類がいます。そんな街中に生息するコウモリにとって、人家は格好の住処となります。 コウモリが自宅に住み着てしまった場合、騒音や悪臭などの被害にあうこともあります。こうした場合はコウモリ駆除を行う事になりますが、自分で駆除を行いたい人もいると思います。そこで、ここではコウモリ駆除を自分で行う際の注意点をお伝えします。 前提としてコウモリは鳥獣保護法によって、許可なく勝手に捕獲することは禁じられています。業者でもわざわざ許可を取って駆除するのは稀です。捕獲によるコウモリ駆除が難しいとなると、追い出すことが唯一の駆除方法となります。 追い出すためにはコウモリが嫌がる匂いがする薬剤を散布するなどしますが、実際これだけではまたコウモリが戻ってきてしまうこともあります。コウモリが出ていった後に、侵入口となりうる屋根や壁の隙間を塞いでしまうことで再びの侵入を防げます。 危険な作業になることも多いので、難しいと感じたらコウモリ駆除を行っている専門業者に依頼するのが賢明です。

コウモリ駆除はコウモリを追い出すことが基本の駆除方法となります。そのため、効率的に家屋内からコウモリを追い出すことが求められます。 しかし市販されている薬剤などの効果は一時的なものであり、さらに全体の数が多い場合は全てのコウモリを追い出すのはそれなりに難しかったりします。 コウモリは広く知られているように、夜行性の動物です。昼間は人目につかないところで寝ていて、陽が沈むころになって活動を始めて夜の間に飛んでいる虫などを捕まえて食べます。 この習性を利用することで、追い出す効果を上げることが出来ます。つまり、コウモリが出払うところを見計らって、駆除を行えば効率的に追い出せます。 また駆除を行う時期にも工夫が必要です。まず冬季は越冬のために活動が鈍るので、追い出すことが難しくなります。また、子育て期間中である7〜8月は子供が飛べないために、同じく難しいです。 逃げて行ったと思って隙間を塞いだら、中に閉じ込めてしまう事になりかねません。コウモリ駆除を行う際はこれらの時期は避けるようにします。