キイロスズメバチとは

蜂は鋭い針を持ち、刺されると痛みを伴うために怖いという印象があります。蜂が近くにいると逃げなくてはという気になります。蜂の中でも凶暴性が高く気を付けるべき蜂の筆頭がスズメバチです。あの大きさと色で見た目からも危険性を自ら発信しているかのように見えます。 スズメバチは大きな巣を作るのが特徴ですが、その種類の中でも一番大きな巣を作るのがキイロスズメバチです。キイロスズメバチの巣は地中ではなく、家の軒下など人の目につく場所に作るので駆除が必要になる時があります。駆除が必要な理由は巣が大きく、蜂の数が多いことにあります。併せて凶暴性が高いので刺される被害が一番多い蜂だからです。日本の至る所に生息し、活動時期が長いので気を付け必要があります。

危険なキイロスズメバチの巣は駆除が必要になる場合もありますが、蜂も生き物で生活しているのです。駆除するだけではなく、人間側が理解し、工夫することで蜂との接触や、危険性から逃れることも必要です。必要なことはその存在を早く察知することで、危険を回避することが可能です。キイロスズメバチが飛んでいるのを見かけたら静かにその場を立ち去る。巣を見かけても近づかないなど、基本的なことですが早期にその存在を認識して離れることは大事なことです。 蜂は人間の頭部を狙ってくることが多いので、野山に出かけるときは帽子を着用することや、匂いに敏感なので香水などは付けないなど知っておくと良い知識です。蜂対策を知識を知っておいたうえで工夫すると蜂の危険を回避できます。